米国株取引時の注文有効期間指定と失効条件指定の意味。

LINEで送る
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

米国株取引時の注文有効期間指定と失効条件指定を忘れないようにメモメモ。

有効期限を指定する
Day 注文日当日の立会時間のみ有効な注文。
Day+ Dayと同じで+立会時間外も発注。
GTC 注文が約定するかキャンセルするまで有効な注文。
GTC+ GTCと同じで+立会時間外も発注。
GTD 注文が約定するか指定した日付までは有効な注文。
GTD+ GTDと同じで+立会時間外も発注。

執行条件を指定する
IOC 指定した値段で即時に可能な数量を約定させ残りの数量は失効。
FOK 注文の全数量が直ちに約定しない場合は全数量を失効。
OPG 当日の取引所の寄付条件注文。寄付で約定しなければ失効。
CLO 当日の取引所の引け条件注文。引けで約定しなければ失効。

短時間期限を指定する
1min 発注後1分間のみ有効。約定が成立しなければ失効。
3min 発注後3分間のみ有効。約定が成立しなければ失効。
5min 発注後5分間のみ有効。約定が成立しなければ失効。

※GTCやGTDは証券会社によって最大期限が90日までと決められている場合がある。

日本との時差の関係でどうしても深夜の取引になってしまう米国株取引ですが、モニタ前にずっと貼り付いているよりは、これら注文期限や執行条件をうまく使って安眠できるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。