軍艦島をGoogleストリートビューで旅する。

LINEで送る
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにGoogleストリートビューで「軍艦島」こと長崎県の端島が一部立ち入り禁止エリアも含めて公開されました。

まずはGoogle公式のプロモーション映像と説明をどうぞ。
「軍艦島は長崎港から19キロの海上にある小さな半人工島です。1870年から炭鉱の町として、最盛期には5000人以上がこの島で暮らすほどに栄えましたが、1974年の閉山とともに無人島となりました。現在、島の一部について上陸が認められていますが、今回は長崎市のご協力により、立入­り禁止エリアを含め島全体を撮影しました。かつて人々が行き交った集合住宅の階段には、今では青々とした緑が茂り、南国風の低木­にまぎれて美しい白いユリが花を咲かせています。階段をのぼり、緑のトンネルを抜ける­と、島を一望できる神社付近に出ることができます。高い空と青い海に囲まれた静かな景­色の中、海風に吹かれて剥がれたコンクリート片がパラパラと落ちる音が聞こえてきます­」


大きな地図で見る

上陸前に船で軍艦島をぐるりとまわる。航路を辿ってストリートビューできます。所々に別撮りしたパノラマ写真も配置されています。
なるほど海に浮かぶその姿は軍艦そのものです。


大きな地図で見る

軍艦島は上陸が許可されるようにはなりましたが、現在も長崎市が敷設した通路220m以外は歩けないので建物内を探検できる気分が味わえるのはとても貴重です。


大きな地図で見る

1974年の閉山なので幼少期を軍艦島で暮らした方もまだ大勢いるかと思います。このストリートビューを見たらどんな風に感じるのでしょうか。とても懐かしくて、家族や友人と過ごした温かな思い出がたくさんあって、でも寂しいような、そんな感じでしょうか。

ちなみに浅見光彦シリーズ「棄霊島」­のオープニングとエンディングに使われていた軍艦島の空撮映像は上記です。

コメントは受け付けていません。