レシピ:炊飯器でかんたん豚バラ肉の柔らか角煮

LINEで送る
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

炊飯器で作るかんたんに美味しい「豚の角煮」のレシピです。独身時代からの経験則に基づく自分好みのレシピなので味加減は調味料の増減で調整してください。成人男性ならこのままの味でOKです。おかずにもおつまみにも。


(豚バラ肉の下ごしらえの動画、途中でカメラの電池が切れたので焼くとこまでです。)

材料
豚バラ肉ブロック:400g〜500g
長ネギ:1本〜2本(青い部分も白い部分も使う)
しょうが:30g

[A]
 水:250ml(1.5カップ)
 醤油:100ml(0.5カップ)
 みりん:80ml
 酒:50ml
 砂糖:15g(大さじ1)

1:長ネギを3cm〜5cmにカット。しょうがは30g前後を皮だけ剥いて塊のまま。
2:炊飯器の内釜に[A]を全て入れて混ぜておく。
3:豚バラ肉を食べ易い大きさにカットしてフライパンで軽く焦げ目が付くまで焼く。
4:豚バラ肉、長ネギ、しょうがを炊飯器に入れる。
5:炊飯器のスイッチを入れる。(※設定はメーカーによるが、通常お米を炊くボタンを押すだけでOK)
6:炊き上がったら別容器へ盛りつければ完成。
7:炊き上がった直後に別容器へ移して冷ませば味が染みるので味加減を調整できる。薄めが好きなら煮汁と分けて保存。

補足
・お好みで玉子や大根などと一緒に炊き上げても美味しいです。
・炊き上がって残った煮汁にお米2カップと水を入れて再び炊き上げると豚肉の旨味たっぷりの美味しい炊き込みご飯ができます。炊き上がったご飯はやや固めなのでフライパンで玉子と一緒に炒めれば美味しいチャーハンのできあがり。ラードを吸っているのでフライパンにご飯がこびりつかず誰でも上手にチャーハンが作れます。

味の決め手は「良い醤油を買って来ること」だけです。ただそれだけ。豚肉は普通のモノでも充分に美味しく作れますが、醤油の良し悪しはハッキリと味に出ます。日持ちする調味料は費用対効果が高いので良い調味料は買って損はしません。

コメントは受け付けていません。