平等院鳳凰堂は現在工事中。

LINEで送る
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

このホームページのヘッダーに使っている平等院鳳凰堂の画像は夜間特別拝観した際に撮影した写真を加工したモノです。

周囲が暗闇に包まれて視界にノイズが紛れこまないので闇夜に浮かぶ平等院鳳凰堂はまるで大海に浮かんだ箱船に見えます。池に映った仏像と遠く目が合いました。常世(とこよ)と現世(うつしよ)について考えさせられました。

まだ平等院鳳凰堂を観たことがない方への残念なお知らせ。平成24年9月3日~平成26年3月31日まで平等院鳳凰堂は屋根葺き替え及び塗装工事中になるので、姿を見ることができるのは2年後です。

平等院
住所:〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華116
ホームページ:http://www.byodoin.or.jp/

その替わりというわけではないのでしょうが、現代芸術家の山口晃が奉納した襖絵「当世来迎図」を記念して『重要文化財養林庵書院』特別公開が行われています。死後の世界としてデフォルメされた京都駅周辺を墨で淡く描き、汽車や徒歩でさんずの川を渡り、極楽浄土へと進む人々の姿を表現したそうです。

公開日:平成24年11月3日(土・祝)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)、12月1日(土)、2日(日)
時 間:10:00~15:00(退室時間)
拝観料:1300円(平等院拝観料込み)
ホームページ:http://www.byodoin.or.jp/news/news121103.html

コメントは受け付けていません。