現代アートって「洋芸」と「邦芸」みたいにマーケットが分かれているの?

LINEで送る
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

CD売場とかチャート上で「洋楽」と「邦楽」で分かれているのと同じ感じで、現代アートも「洋芸」と「邦芸」でマーケットが分かれているの?という素朴な疑問に、椹木野衣さん(美術評論家、多摩美術大学教授)が答えてくださったのでまとめました。なるほど納得。

椹木野衣さんの美術評論は、書籍として発表されている『シミュレーショニズム』『美術になにが起こったか 1992〜2006』『反アート入門』以外にも、連載 美術と時評ですぐに読むことができます。

Twitterで芸術家・評論家・ギャラリー・芸美大生らの生々しいツイートを読んだり、抱えた疑問に対してメンションで教えてもらえるおかげで、今までよく分かっていなかった「芸術」や「ART」のことが少しは分かってきたような気がしています。

コメントは受け付けていません。